はじめに

携帯キャリア各社から2015年夏モデルが相次いで発表されました


夏モデルの大きなトピックスが、NTTドコモとKDDI(au)から新モデルが登場した事による


Android搭載フィーチャーフォン、いわゆる「ガラホ」の本格展開です。
 

従来型のフィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」をめぐっては、携帯電話の


機種メーカーが2017年以降に生産を終了するといった報道もありましたが、


「ガラホ」の登場によるフィーチャーフォンの展開継続は「携帯電話は“ガラケー派”だ」


と言うユーザーにとっては嬉しい事ではないでしょうか。


ただ、従来型の「ガラケー」とAndroid搭載の「ガラホ」には、色々な違いがあります。


ここでは、「ガラホ」の特徴を紹介しながら「ガラケー」との違いを書いてみました。


Android搭載で何が変わったのか?

 「ガラホ」の一番の特徴は、端末を動かすためのOS(基本ソフト)がスマートフォンと同じ


Androidになったということです。そのため、端末の形や操作性はガラケーと同じで


ある一方、端末に出来ることは大きく変わっている様です。

 特に、Androidになったことで、ガラケーで提供されてきた「iモード」「iアプリ」(NTTドコモ)、


「EZweb」「EZアプリ」(au)に非対応になったという点には注意が必要です


iモードやEZwebで有料コンテンツ(公式サイト)を利用している場合にはそれを


ガラホで継続利用することはできないため、原則として機種変更時には月額課金など


をしている公式サイトは全て一度解約する必要があります。ただ、一部の公式サイトは


スマートフォン向けのサービスを提供しておりガラケーからの契約を継続して利用でき


場合があるので、利用している公式サイトに確認する必用が有る様です。


また、ガラケーの公式サイトからダウンロード購入した音楽(着うたなど)やデコメ素材


などについては、コンテンツを販売した公式サイトによって移行できるのか否かの対応が


異なるため、移行したい大事なデータがある場合には購入先の公式サイトに確認する


のが良いです。KDDIには、音楽配信サービス「LISMO」については、ガラホになっても


「auスマートパス」に対応サービスが用意されているため、購入した楽曲データを移行して


そのまま視聴することが可能の用です。


  一方で、ガラホはスマートフォンサイト、PC向けサイトの閲覧が可能で、携帯メールは


Androidになっても引き続き利用することができます。ただし、Androidになったものの、


自由にアプリを探してダウンロードすることができる「Google Play」には非対応なので、


この点はスマートフォンとは大きく違うようです。

アプリについては、NTTドコモの場合は無料通話アプリ「LINE」がプリインストールされて


いるほか、auではLINEを含む約100種類のアプリを定額でダウンロードすることができる


用です、ガラホ専用の「auスマートパス」が提供されてます。ただし、ドコモのdマーケット


で提供される「dTV」「dマガジン」といったサービスやKDDIの「うたパス」「ビデオパス」など、


キャリア提供のコンテンツサービスのほとんどは、専用アプリをダウンロードすることが


できないためガラホで利用する事は出来ない様です

 Androidでは、Google Playを介さずアプリの実行ファイル(apkファイル)から強制的に


アプリをインストールすることが可能です、ネット上にはそれをガラホで試してみて成功


したというレビューも見受けられます、そのような場合にはもし端末に不具合が発生しても


キャリアのショップでサポート対象外になる可能性があるため、十分に注意が必要の


様です。


アプリについては、NTTドコモの場合は無料通話アプリ「LINE」はプリインストールされて


いるほか、auではLINEを含む約100種類のアプリを定額でダウンロードすることができ


ガラホ専用の「auスマートパス」が提供されます。ただし、ドコモのdマーケットで提供される


「dTV」「dマガジン」といったサービスやKDDIの「うたパス」「ビデオパス」など、キャリア提供


のコンテンツサービスのほとんどは、専用アプリをダウンロードすることができないため


ガラホで利用することはできません。

Androidでは、Google Playを介さずアプリの実行ファイル(apkファイル)から強制的に


アプリをインストールすることが可能で、ネット上にはそれをガラホで試してみて成功


したというレビューも見受けられますが、そのような場合にはもし端末に不具合が発生


してもキャリアのショップでサポート対象外になる可能性があるため、十分に注意が


必要です。


此処で、ドコモの「LINE」について説明入れます。


今回のガラホー[F-05G]には、最初からLINEはプリインストールされて居ます、


その他に、ダウンロード可能なアプリケーションは在りません。


[SH-06G]は、LINEはプレインソールは去れて居ない為利用開始時前にアプリケーション


のダウンロードが必用になります。


ダウンロードの手順に関しては近くショップに確認されてください。



赤外線は?    おサイフケータイは?    緊急速報は?    スペック面のチェック

電話番号を交換するときに利用する赤外線通信、電車やバスを利用するときに役立つ


おサイフケータイ、そして緊急地震速報などを伝える緊急速報メールなど、ガラケーに


搭載されていた機能は如何なのか?

 NTTドコモとauから発表・発売されているAndroid搭載フィーチャーフォン4機種を比較


してみると、赤外線通信、ワンセグ、緊急速報メールは全ての機種が対応しています、


それ以外については端末によって対応・非対応が異なります。特に注意が必要なのは


「おサイフケータイ」です、auの2機種は対応している一方、ドコモの2機種は非対応


となります。現在ガラケーでモバイルSuicaを利用している人は機種変更した場合に利用


できないため、注意してください。興味深いところでは、いまどき流行りの“自撮り”ができる


インカメラはドコモ、auの4機種全てが非搭載となっています。ガラケーで自撮りをする


ことが多い人は、気を付けてください。


 通信方式はドコモの2機種がFOMAハイスピード(3G)、auの2機種が4G LTEで、auの


「SHF32」はLTEを使った音声通話技術「VoLTE」にも対応しています。3Gと4G


 LTEという通信方式の違いは、メール、電話では大きな差はなさそうですが、PCサイトや


画像の多いスマホ向けサイトを見る場合やメールやLINEで大きな画像のやり取りをする


場合などには、通信速度の遅いドコモの2機種は少し動きが鈍く感じるかもしれません。


ただ、スマートフォンのように大容量のゲームやアプリをダウンロードすることはガラホー


では現状想定されていないため、実用面での不都合はないものと思われます。

このように対応サービスやスペックを見てみると、ガラケー向けサイトやアプリが使えない


点や、自由にアプリの追加インストールができない点、キャリアがスマホ向けに提供する


コンテンツサービスもほとんどが利用できない点、ドコモ端末ではおサイフケータイの移行


ができない点など考えると、ガラホはガラケーともスマホとも違う独特なポジションの端末


であるこが解る様です。折り畳み式端末に愛着のあるユーザーや、携帯電話は通話と


メールで十分だという人には十分ニーズに応えるものですが、具体的にやりたい


ことがある場合には、ガラホがそのニーズに応えてくれるかを機種変更前に十分確認


する必要があると思われます。